当組合の強み

Our Strenge 当組合の強み

阪神金属協同組合は、3つの力で、円滑な技能実習生活用に貢献する事をお約束させて頂きます。

阪神金属協同組合3つの強み

  • 信頼
  • 中立
  • 対等

『日頃のコミュニケーション』が信頼関係につながる

技能実習生が3年間その能力を十分に発揮し、充実した技能実習を行うためには、心身ともに健康であることはもとより、慣れない異国で、困った時、悩んだとき、相談できる場が必要です。
阪神金属協同組合では、入国前から、来日予定者の様子を確認し、入国時の講習にて、彼らの個性を把握、配属後も、定期巡回等を通じて、彼らの良き相談相手となり3年間の技能実習生活を指導しています。また、受入企業の皆様へは、円滑かつ適切な受入監理が実現できるよう細かな点も、ご説明・サポートさせて頂いております。
時には言いにくいことをお話しすることもありあますが、厳しいことも言い合えることが、信頼関係に結びついていると考えます。

Trust
Neutral

『一方に偏らない判断』が最良の結果を導く

日本での実習期間中、職場でも生活面でも行き違いや誤解が生じることもあります。
そのような場合は、両者の言い分を聞き、状況を確認した上で、どのような対応が望ましいのか判断するように努めています。
一方の意見に偏ることなく対応することで、結果的に双方納得いく結論が取れると考えています。
特に、「わかったつもり、言ったつもり」といった思い込みによるトラブルは日本語が不慣れな中、生じやすいので、丁寧な対応を心がけています

『適切な情報提供』により自立が育まれる

労使関係、こと技能実習生制度の活用において、雇用主や組合の立場が強くなりがちですが、私たちは、彼らが十分判断でき納得できるような判断要素、情報提供をした上で、彼らの意思を尊重した対応をとるよう、心がけています。
縛り付ける管理ではなく自分で理解し、納得し、決断することが最良の選択となります。
『知っている』のと『知らない』では、取る判断が変わります。その点、これまでの経験をもとに彼らに伝えています。
受入企業様へも同様に、本制度の主旨をご理解頂き、適正な活用を推進しております。

Equal Basis

阪神金属協同組合の監理スタイル

対技能実習生

  • 入国時の講習を自前で運営(外注する団体が多い中、独自の教育カリキュラムを実施)
  • Facebookの活用(気軽、迅速に24時間サポート)
  • レクリエーションの実施(サッカー大会、カラオケ大会、BBQ他)
  • 帰国式(受け入れ企業、技能実習生同士、組合スタッフ3者間の絆を確認し、帰国を祝うセレモニーを実施)

対受入企業

  • 技能実習生の受入状況確認(定期巡回、職場でのコミュニケーション、労務関係、メンタルフォロー)
  • 業務上の通訳・翻訳対応
  • 採用に関わる適切な監理指導
  • 業務外での通訳・翻訳対応(病院、生活面等)
    行政トレンド情報提供、その他技能実習生

当組合はベトナム人・フィリピン人の受入れをオススメしています。

ベトナム人、フィリピン人は共に勤勉で素直な性格の方が多く、日本人同様まじめに仕事に励む気質をもっています。彼らの特徴をまとめてみましたので、受入れの参考に是非ご確認下さい。

阪神金属協同組合

〒650-0015
神戸市中央区多聞通5-2-15 丸久ビル3F
TEL:078-366-2887 /  FAX:078-341-2889

〒732-0807
広島市南区荒神町5-8 キャッスル林2F
TEL:082-568-7131

組合概要